イヌリンとは?副作用はあるの?

イヌリン
最近「菊芋」という野菜が注目を浴びています。そして様々な健康系のTV番組で紹介されて以来、スーパーの陳列棚から姿を消す光景が続出しています。

それだけ注目をされているのは菊芋に含まれるイヌリンという成分に食後の血糖値の上昇を抑える効能があるからです。

菊芋はどの食物よりもイヌリンを多く含んでいます。(100g中約18gのイヌリンを含む)

イヌリンに副作用はある?安全?

そんな素晴らしいイヌリンですが様々な効果がある分、強い副作用などが心配かもしれません。

しかし、嬉しいことにイヌリンには副作用はありません。

さらにそれだけでなく安全性も高いため、安心して摂取することが出来ます。

今なら半額!良質イヌリンはこちら

イヌリンのサプリランキングはこちら

そもそもイヌリンとは何?

イヌリンとは砂糖やデンプンなどの仲間でフルクトース(果糖)が重結合することによりできる多糖類です。

しかし、砂糖やデンプンと異なる点はイヌリンは腸内でゲル状になり、一緒に食事で獲った糖質や脂質を包み体外へ放出する性質があります。

そのため、イヌリンを摂取すると食後の血糖値の急上昇を抑えることが出来ます。

血糖値の急上昇は、肥満や糖尿病の原因なのでイヌリンを摂取することで低血糖を維持でき、糖尿病予防に繋がるというわけです。

ちなみにイヌリンは既に述べた菊芋の他に、ごぼう、ニンニク、チコリなどに多く含まれている成分です。

血糖値を下げる食事や運動方法

菊芋茶はどんな味?口コミは?

イヌリンの1日の摂取量の目安とは

摂取量
ただし、注意して欲しいのは摂取量です。

イヌリンの1日の目標摂取量は10~20gと言われおり、この量を超えると胃腸の不快感、膨満感、胃痙攣、ガスの蓄積などが報告されているので注意しましょう。

特に1日30g以上摂取するとこれらの症状が発生する確率が高まります。逆に言うと、腸内へそれだけ影響があるということです。

1日の摂取量を守ってさえいれば毎日摂取しても安全な成分なので、積極的に取り入れていきたいものです。

どんなに健康を支える成分でも、副作用があったり摂取量により何らかの症状が出たりなど注意しなければならないこともあり、イヌリンでも例外ではありません。

健康やダイエットのためとはいえ、イヌリンの過剰摂取に注意しつつ、健康的な生活を心がけてください。

血糖値を上げるGI値の高い食品とは

今なら半額!良質イヌリンはこちら

菊芋以外でイヌリンを含む食材は何?

イヌリンを多く含む食材の代表は菊芋(イヌリンは100g中に18gも含む)ですが、それ以外には次のようなものがあります。

【ニンニク】 にんにく
ニンニクは100g中に12gのイヌリンが含まれています。また、疲労回復、高血圧の低下、血中脂肪の低下作用、生活習慣病予防など様々な健康に効果のある食材です。

【ごぼう】
ごぼう
ごぼうは100g中に5gのイヌリンを含んでいます。また、食物繊維が豊富で腸のぜん動運動を促進する働きや活性酸素を抑制してガン予防や老化防止の効果もある健康促進に優れた食材です。

【玉ねぎ】
玉ねぎ
玉ねぎは100g中に4gのイヌリンを含んでいます。また、黄玉ねぎには血液をサラサラにする含硫有機化合物が豊富で、赤玉ねぎには老化防止効果があるアントシアニンが多く含まれています。

【アスパラ】
アスパラ
アスパラは100g中に2.5gのイヌリンを含んでいます。また、疲労回復や美肌効果、免疫力アップにも効果がある食材です。

イヌリンはサプリメントからでも摂取可能

サプリ
イヌリンは摂りたいけれど毎日食事から長期間摂取し続けるのは案外難しいものです。そういった場合には粉末やサプリメントなどからだと簡単に摂取することが可能です。

あまり安くはありませんが、健康維持とアンチエイジングのためには決して高いものではありません。何もせずに病気になってからの方が数倍の金額と苦労がかかることになります。

今なら半額!良質イヌリンはこちら

イヌリンのサプリランキングはこちら

金の菊芋の口コミはこちら

前田の菊芋の口コミはこちら