イヌリンの効果

糖尿病は遺伝する?

遺伝子
糖尿病は遺伝するのかというと、YESと言えます。

親や祖父母や親族に糖尿病の人がいた場合、全くいない人に比べて確実に糖尿病になる確率は上がります。(厚生労働省の研究報告)

これは遺伝子レベルの問題なので仕方ありませんが、ただ、そういった方は意識して糖尿病になりにくい日常生活を送る必要があります。

逆に、日頃から意識して血糖値をコントロールする生活をすることで、糖尿病だけでなくあらゆる生活習慣病を防ぐことにもなるのです。



糖尿病の症状チェック

チェック
糖尿病はあまり自覚しづらい言われています。

下記の症状は糖尿病に代表的な症状ですので、思い当たる項目が多い方は、早めに病院で検査するようにしましょう。

1.喉がよく乾く。

2.頻尿である。

3.疲労がたまりやすく、取れない。

4.手足がしびれる、つる。

5.手足の冷えがある。

6.体重の減少がある。

7.目が見えにくい。

8.便秘もしくは下痢である。

9.立ちくらみがする。

10.男性機能が低下している。

ブドウ糖とは

糖分

ブドウ糖は血液の中にある栄養素で、人間の体や脳を正常に働かせるために必要不可欠なものです。 特に脳を動かす原動力になっているのがブドウ糖です。

ブドウ糖が足りなくなると、無気力になったり頭が働かなくなったり、イライラしたりする原因になります。

疲れがたまっている時や、勉強やデスクワークを長時間行っている時にチョコレートなどの甘いものを欲するのは、まさにブドウ糖が不足している症状の現れです。

近年、糖質制限ダイエットが流行っていますが、糖質は人間の活動に非常に重要な栄養素です。

摂りすぎは良くありませんが、全く摂らないというのも当然良くありません。 量を意識しながら、自分で摂取量をコントロールする努力をしましょう。

人間が1日に必要なブドウ糖の量は全体で260g、そのうち脳だけで120g使います。 これは何もしなくても消費する量です。

血糖値とは


糖分

血液の中のブドウ糖の濃さの値を数値化したものが「血糖値」です。

この値は、常に動いています。食事などでブドウ糖が摂取されれば上がりますし、勉強や運動を行えば下がります。

健康な人の血液中の血糖値(ブドウ糖の濃度)というのは、一定に調節されるようになっています。具体的には約100mg/dℓです。 食後でも160mg/dℓは超えることはほとんどありません。

糖尿病とは、常に血糖値が高くなり、うまくブドウ糖を取り入れることができなくなる病気です。

血糖値が高いと血管に負担をかけ、血液をドロドロにすることになります。そうなると、毛細血管が集中する部位から徐々に悪影響を及ぼすことになります。

それは網膜、腎臓、手足の神経などです。

また、失明や手足の壊死、脳梗塞や心筋梗塞などの深刻な事態につながります。

では、なぜ血糖値が一定に保たれなくなり、高いままの状態が続くようになるのかというと、それは、インシュリンという血糖値を低下させる物質が作用しないためです。

インスリンが正常に働かなく理由は、食べ過ぎや運動不足などで摂取したブドウ糖が消費しきれずに残り、血糖値が高いままの状態になりすい臓に負担がかかります。

すい臓はインシュリンを分泌する唯一の臓器ですので、そこに負担がかかりすぎるとインシュリンの分泌量が減ってしまうのです。

突然死に至る血糖値スパイクとは

糖尿病と糖尿病予備軍

血糖値

現在、厚生労働省の調査によると日本では糖尿病と糖尿病予備軍(今後糖尿病になる危険性がある人)を合わせると合計2,050万人いるとされています。

これは5人に1人ということです。

糖尿病は、1型糖尿病、2型糖尿病、その他の疾患に伴う糖尿病に分けられます。

特に2型糖尿病が全体の98%を占めていて、食事や生活習慣などをきっかけになるのはこの2型です。

糖尿病の原因

1、肥満
2型糖尿病の原因で最も多いのは、肥満です。罷免になり体脂肪が増えると、インシュリンの働きが悪くなるためです。

2、食事内容
また、GI値の高いものばかり摂ると急激にブドウ糖が増え高血糖状態が続き、インシュリンの分泌が低下します。GI値の高い食品を見る

3、ストレス
トレスを受けるとインシュリンと逆の動きをするホルモンが分泌されます。そのため高血糖値状態になり糖尿病の誘因になります。

4、妊娠
妊娠中に分泌されるホルモンの影響で血糖値が下がりにくくなり、高血糖状態が続きます。

妊婦の1割は妊娠糖尿病にかかります。

基本的には出産後に治ることがほとんどです。 あまり糖尿病になるような生活習慣がなかったような人でもかかることがあります。

5、加齢
年齢が上がると、すい臓の働きが悪くなりインシュリンの分泌が低下し食後血糖値が下がりにくくなります。

6、睡眠
夜中の3時頃になるとコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。睡眠時間が短いと、このコルチゾールが過剰に分泌されて血糖値が上がります。

また、寝入る時間が遅かったり不規則だとしても同じです。日頃から質の高い睡眠をとっていないと体内時間が乱れホルモン分泌や自律神経の正常な活動が狂ってきます。

そうなると結果として血圧が上がったり、血糖値が上がるようになります。

糖尿病予防のためには、日頃から意識して糖尿病にならないような生活スタイルを意識して送ることが大切です。

血糖値が気なる方は前田の菊芋がおすすめ

運動をすると血糖値を下げることができる

有酸素運動

運動をすると筋肉を使いエネルギーを消費するため、どんどん血液中のブドウ糖を使い血糖値が低くなります。

特に食事の15分後にウォーキングなどの有酸素運動を行うと高血糖を抑えられる効果があることは、ジョージ・ワシントン大学の研究チームが発表しています。

血糖値の測定方法

血糖値測定
血糖値の測定は、基本的には朝食を抜いた状態で計ります。空腹時の血糖値が110mg/dℓ未満だと正常、110〜125mg/dℓだとやや危険、126mg/dℓ以上だと糖尿病が強く疑われます。

ただし多くの場合、糖尿病は1回の空腹時血糖だけではまだ確定というわけではなく、後日、ブドウ糖負荷試験が行われます。

ブドウ糖負荷試験は、ブドウ糖を飲んで食後の血糖値の変化を調べるものです。

飲んでから2時間後の血糖値が200mg/dℓ以上だと糖尿病であると診断されます。

インシュリン注射とは

インシュリン注射
糖尿病になると食事と運動で血糖値をコントロールしながら、薬物療法やインスリン注射などを行います。

血糖値を下げる経口血糖降下薬の効果があるのは、まだ自分の膵臓機能があり、自らインスリンを分泌できる人のみです。

インスリンは血糖値を下げるために分泌されるものです。

重度な糖尿病は、インスリンを分泌する役割の膵臓(すいぞう)のベータ細胞が死んでしまうためそういった人は、毎日インスリン注射を打たないと生命が維持できません。

現在の医学では膵臓を治すことはほぼできません。

糖尿病が恐ろしい病気の理由

糖尿病が恐ろしい病気とされているには、悪化すると数多くの合併症を引き起こしかねないからです。

具体的には、脳梗塞、脳卒中、心臓病、網膜症、腎症、神経障害、歯周病など多くの障害が起きる可能性があるのです。

糖尿病の合併症の怖さとは!?詳細ページはこちら




菊芋のおすすめメニュー

ダイエットの失敗談と成功体験

菊芋の効能トップページへ